自己紹介

バリュー曽我と申します。
はじめまして!
以前の私を暴露しましょう。
私は数年前までは普通のさえない営業サラリーマンをしていました。
確かに収支トントンの最低限の年収は確保できていましたが・・
貯金がゼロ・・何年やっても、営業成績ワースト3ですが、妻子ある身としては、家族を支えるために、起業したり、転職したりするリスクをどうしても冒すことができませんでした。

そんな現状を変えることに足踏みしていたときに、私を突然の不幸が訪れました。

それは・・外回り営業中、スピード違反で警察に捕まり、

何と、1ヶ月間も運転免許停止を受けてしまったのです。


会社に黙って外回り営業を続けることにしました。

やがて、2週間が過ぎ、当日も、普通に外回り営業に出かけました。

ですが、こともあろうに、人生最悪の事態が!

そう、そうなんです!

何と、免許停止中に外回り営業をしていたところ、

再び警察官に呼び止められてしまったのです。

「はい、免許書見せて!」
顔面蒼白。
「あのー、見逃してくれませんか?仕事で、お客さん、待たせてるんですよ。」

「ダメです、免許証見せて!」


「お願いしますよ!」

「お願いしますよ!!」

「免許証見せて!」

「実は・・・免停中なので、免許証、持ってません。」

即刻、その警官は、何か県警に電話した後、「今から一緒に県警に来てもらいますので、」

えっ??運転免許「取消し??」外回り営業マンだった私には致命的、今後外回りができない!

その後、県警に着き、事情聴取を受けた後・・

やはり、即刻、2年間、運転免許取消し決定!

これから先、外回り営業ができないので、今までやってきた仕事はできません。今後、弱味を握られ、肩身の狭い思いをしながら、同じ職場でやったことのない仕事を始めるのか、それとも、新しい道を切り開くのか。


数日考え・・

退職しました。恥ずかしくて、とうとう社長には本当の事が言えずに辞めてしまいました。

すぐ再就職先を探しましたが、希望職は全然見つかりませんでした。不本意にも、それが、家で引きこもり生活の始まりでした。

食っては、寝て、食っては、寝て、
で、いつの間にか借金。で、いつの間にか借金のための借金。で、いつの間にか毎朝、毎晩、取立ての電話や来訪のスタート。 1ヶ月くらいが過ぎたころ、車ローン、住宅ローンの請求がいつも通りにやってきました。退職金もでなかったので、当然支払う当てもありません。
(後の講習で、「運転免許取消処分者は、全運転人口の0.05%しかいない。君たちは、その狭き門をくぐってこの講習に来ているんだ。そう、東大に入るよりも難しいんだよ。」と思いっきり嫌味を言われました。)

奥さんのベットで寝込んでいる姿を見て、このままじゃいかんと思い、とりあえず、外をぶらつき、たまたま、近くの本屋に立ち寄ったところ、アフィリエイトで稼ぐ方法があると知り、わらをもつかむ思いで本を買いました。

アクセスアップの秘訣

そして、3ヶ月間、色々な方法で試しましたが、
思う様なアクセスが得られず、
数百円程度の報酬に留まりました。

時間ばかりが経過し、焦りがつのった頃、

うーん、アフィリエイトなんてやっぱり無理!
実際、極一握りの人しか稼いでいないみたいだし。

ということで、やっぱり、やーめた!さらに、数週間後、

今度は、就職活動の一環として、わけもわからず、異業種交流会なるものに参加。

完全に血迷っている!!


ですが、これが、私の転機のきっかけでした!

私は、そこで出会ったK氏がSEであることを知らずに、
アクセスアップのために色々頑張ったが全然稼げなかったと愚痴をこぼしていたら、

K氏いわく、

「だったら、ツールにアクセスアップするための機能を実装し、
ツールを使ってたくさんのアクセスを集めればいいじゃん!」

はっ?ツール??って何?

その晩、ツールについて色々教わりました。
数日後、電話して、そのツールをぜひ作って欲しいとお願いしました。

それはいいけど、ところで、お金あるの?
あのー、借金があります。それも、たくさん・・

ですが、私の素性を既に先日の交流会で知っていたK氏は、
ツール制作費は、今後、稼いでからでも良いと言ってくれました。

捨てる神あれば、拾う神あり・・

そして、数ヶ月後にツールが完成し、すぐに使い始めましたが、
やはり最初は、正直、半信半疑でした。

「そんな、ツールを使っただけで、たくさんアクセスが集まるなら誰も苦労しないよ!」
と何度も思いながらも、借金してまで作ったツールなので、
今度は投げ出さずに毎日アクセスアップに取り組みました。

そうしたら、たった数ヵ月後、猛烈なアクセスを集めることに成功し、人がうらやむほどのアフィリエイト報酬を手にする事ができたのです!

ちょっとした出会いで、どん底に落ちた人間でも、
完全失業者、社会人失格者から脱出できることを知りました!

2011年2月23日

このページの先頭へ